グルコサミンの口コミランキング

コラーゲンとグルコサミンの関係

コラーゲンとグルコサミンの関係

グルコサミンおよびにコラーゲンは、どちらとも軟骨成分のひとつです。
そしてコラーゲンとコンドロイチンは、私達人間の体に豊かな潤いを与え、一つ一つの細胞を組み立てて行くためになくてはならないものです。
このグルコサミンおよびにコラーゲンの成分は、皮膚をはじめ、骨や軟骨、大動脈や血管そして心臓の弁などに多く含まれています。

軟骨は骨と骨の間の緩衝材として働いている部位であり、肘や膝の曲げ伸ばしや階段の昇降など、関節のなめらかな動きを助ける役割を果たしています。

本来はグルコサミンおよびにコラーゲンは体内で生産される成分なのですが、加齢とともに生産量は徐々に減少していきます。
その結果として軟骨がすり減ってしまいつらい関節痛を引き起こす原因となっているのです。

そしてコラーゲンには、私たちの免疫力を高めて、細胞のガン化を防ぐ効果があり、コンドロイチンには、コラーゲンの働きをサポートする効果・作用が確認されています。




コラーゲンとは?

コラーゲンは多くの使い道のある繊維状のタンパク質であり、皮膚や骨そして軟骨や鍵などの結合組織の主要な構成部分となっています。

コラーゲンは、細胞と細胞との間に存在していて、形を形成したり、細胞を支えたり、細胞を丈夫にしたりする作用があります。
そして細胞が機能を十分に発揮するためサポートをしています。

例としては、
コラーゲンを網状にしたものが腱であり、薄く伸ばしたものが皮膚であり、さらに薄い膜にしたものが角膜となります。

コラーゲンの特長・作用としては上記を含み、
1.コラーゲンは細胞の繋ぎ役として体の様々な部位でハリや弾力を保つ役割を果たします。

2.体内のコラーゲンの40%は皮膚に含まれており、美肌作りに欠かせない組織成分です

3.コラーゲンは35歳をピークにして1日2〜5gずつ減少していきます。

4.古いコラーゲンは紫外線に弱いため皮膚トラブルの元です。




TOPページはこちら