グルコサミンの口コミランキング

コンドロイチンとグルコサミンの関係

グルコサミンとコンドロイチンの併用は有意

グルコサミンとコンドロイチンの併用は有意です。
その理由としてですが、

グルコサミンは新しい軟骨を形成の促進作用があり、コンドロイチンは軟骨分解酵素の働きをコントロール作用があります。
グルコサミンとコンドロイチンは相互協力し軟骨基質を正常化して、細胞レべルで疾患を治していく力があります。

グルコサミンとコンドロイチンはスイスやイタリアで臨床検査の結果が出ており、ヨーロッパでは、もうすでに変形性関節症に対応する医薬品として認可されています。

ですのでグルコサミンとコンドロイチンの有効性は安全性と共に認められているのです。




グルコサミンとコンドロイチンが治療法を変化させた。

これまでの治療法は、患部の痛みや起こっている炎症を一時的に緩和させる対症療法が中心でした。
病気の進行を食い止め、体の自然治癒をサポートするものではありませんでした。

しかし、グルコサミンとコンドロイチンは治療法を変化させました。
グルコサミンとコンドロイチン硫酸、この二種類の栄養補助食品を併せて摂取することで、投薬や手術では解決する事のできなかった変形性関節症が解決出来るようになりました。

また、このグルコサミンとコンドロイチンは、体内で生産されたものであっても、体外から補給されたものであっても、効果は変わらず同じことが実証されているのです。

コンドロイチン硫酸は鎖状の成分で、軟骨の水分を維持するために積極的に働いており、その水分が、軟骨内に栄養分を運び込む役目を果たしています。この液体が全くない状態では、軟骨は栄養失調に陥ってしまい、もろくなってしまいます。


グルコサミンとコンドロイチンの摂取量

グルコサミンとコンドロイチンの摂取量ですが、たくさん摂取すればその改善速度が上がるということはないのですが、一定量を取らないと効果がないと言われています。
また分割して摂取するよりもまとめて摂取した方が効率がいいとされています。




TOPページはこちら