グルコサミンの口コミランキング

グルコサミン商品の安全性

グルコサミンの副作用およびに注意点

グルコサミンの副作用およびに注意点ですが、グルコサミンは体内でも合成される栄養素なので、副作用は殆どなく安全性は非常に高いです。
なお、塩酸グルコサミンを摂取した場合において軽度の胃腸障害が報告されています。

なお、甲殻類アレルギーの方は注意が必要です。しかし現在は植物由来発酵グルコサミンを使用しているものが多いので、その場合は甲殻類アレルギーを心配せずに摂取可能です。

甲殻類アレルギーとはエビやカニ、そしてシャコなどの甲殻類を食べるとアナフィラキシーショックなどのアレルギー性ショック症状を引き起こす事があります。
アナフィラキシーショックはその発症がとても急激なものです。そして気道の閉塞を伴う事から死亡する例も少なくありません。
死亡する際はアナフィラキシーショック発症から1時間から2時間の間に起こることが多いとされています。その多くは喉頭のむくみや不整脈が起こった事による心停止などが原因です。
もし、アナフィラキシーショックが起こったら、気道の確保と酸素吸入が重要です。
ですので自分がどのようなアレルギーを持っているか知るのは重要な事です。


次にグルコサミンは糖の一種であることから糖尿病を持病に持つ方は血糖値の変化に注意が必要です。
グルコサミンはインスリンの働きを悪くさせる作用もあります。
これはグルコサミンがインスリンの受容体を阻害するためです。
ですので、糖尿病を持病に持つ方のグルコサミンの摂取はお勧めできません。
それでも摂取したいという方は、必ずかかりつけの医師に相談するようにしてください。

次にグルコサミンは血栓塞栓症の治療及び予防に使われているワルファリンと併用するとワルファリンの作用が増強されてしまう恐れがあります。
ですので心臓弁膜症や脳梗塞の治療を行っている方がグルコサミンを服用すると悪影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

上記の点を注意するようにしましょう。



TOPページはこちら