グルコサミンの口コミランキング

グルコサミン種類には何がある?

グルコサミンの種類

グルコサミンには結合している分子の種類によって、グルコサミン硫酸塩やグルコサミン塩酸塩などといった、いろいろな種類が存在します。
グルコサミンは口から摂取されたあと、腸の機能によって吸収されて、グルコサミンと結合している塩が外れて、グルコサミンとなります。
ですので結果的に、初期の種類は異なっていても、最終的に吸収された後は同じグルコサミンとして作用して行くのです。

しかし、結合している塩によってグルコサミン自体の含有量が異なり、グルコサミン硫酸塩はグルコサミン塩酸塩と比較して分子量が大きく、同量のグルコサミンを摂取するならグルグルコサミン硫酸塩よりもコサミン塩酸塩の方が効果的に吸収する事ができるという違いはあります。

グルコサミン成分の中でもグルコサミン硫酸塩は、メディアで効果や成果が報告されている事が多いのですが、国内で販売されている商品の多くはグルコサミン塩酸塩だったりします。
グルコサミン塩酸塩の方が、グルコサミン硫酸塩と比較して高純度である場合が多く、その分子も小さいので、吸収性が優れていると言われています。
このような理由から日本ではグルコサミン塩酸塩の商品が多く取り扱われています。

しかし、臨床報告はグルコサミン硫酸塩でグルコサミン塩酸塩はまだまだ少ないのが現状です。
ですからヨーロッパ諸国を中心としてグルコサミン硫酸塩の商品の方がグルコサミン塩酸塩の商品より数が上回っています。

医学的にもまだ解明されていない事の方が多いのがグルコサミンです。塩酸塩と硫酸塩の効果はほぼ同じであるが、明確には断言できないというスタンスが現在の医学界のスタンスとなっています。

吸収のしやすさという意味ではグルコサミン塩酸塩が勝っているのでサプリメントとして摂取するのであれば、グルコサミン塩酸塩のもので問題はありません。グルコサミン硫酸塩を使用しているものよりも効果は高いのですから。



TOPページはこちら